朝起きた

岡田尊司の自閉スペクトラムに関する本を読んだ

軽く寝て上野に移動、ホビーオフを軽く除いて特撮玩具の掘り出し物はないかなどと散策していた

研究室の同期と温野菜を食べた、久々に野菜をきっかり摂った気がする

課題: 30歳(2024年3月)までに1000万の金融資産を形成する

猶予期間: 7ヵ月+36ヵ月=43ヵ月

20年9月時点の総金融資産:約200万

 

・収入(元環境を維持できるものと仮定)

勤め先からの給与は安全側に見積もる思想で20年9月現時点でのものを想定

 

基本給: 25.8万円/月

賞与(年二回): コロナの影響を鑑み基本の3ヵ月×2回(夏、冬)=6ヵ月に係数0.8を乗じて5.4ヵ月分と仮定、25.8×5.4=139万円/年(小数点以下切り捨て)

 

24年3月までの会社から支払われるであろう賃金は、25.8×43+139×3.5=1,595万円

 

・支出(基本的には現環境の維持を想定、変動の可能性大)

社会保険料: 6万円

家賃: 1万円(社員寮の利用を想定、今後は?)

食費: 朝(豆乳、コーヒー、+α)400円+昼(おにぎり)150円+夜(定食)800円を30日間=0.135×30=4.05万円

通信費: 1万円(寮の回線、携帯)

交通費: 0.6×2×4 = 4.8万円(Max. 長野―東京 毎週末の移動を仮定)

雑費: 2万円(遊び、書籍、お菓子、衛生用品、医療費ほかを雑に仮定)

急な支出: 1.5万円/月で仮定(小型家電の買い替えなどを月平均で雑に見積もり)

 

計: (6+4.05+1+4.8+2+1.5)×43=832万円

 

・収入-支出(雑な貯蓄の見積もり)

1,595-832 = 763万円

 

24年3月時点金融資産見積もり 200+763=963<1,000で目標未達

・37万円/3.5年⇔10.6万円/年を追加で稼ぐ

・支出を減らして上記金額を埋める 0.9万円/月

・投資の利用(リターン3.0%仮定 3万円/月 43カ月 ⇒ 136万(+7万) 未達

 

う~~む。少し工夫すれば達成できそうな気がしなくもないというのが現状、ただ変動費や出費癖を甘めに見積もっているので計算自体に意味がない気もする。まあ30時点で1,000万円の資産を持っていたから何になるのかというお話ですが...。大切なのはお金の使い道というか、お金を使ってどのような価値を創出・経験するかという点か、と思います。

8時過ぎごろに目を覚ましただろうか。やはり東京―長野間の移動はそれなりに疲れる。片道5時間くらいだろうか。ドアツードアで。有料特急は快適といえば快適だが、それはあくまで比較対象が通常の列車の場合であり、絶対的には微妙。HPが地道に削られて行っている感覚はある。
朝、犬をかまってやると、いつもと撫で心地が大分違うことに気が付いた。なんというか、毛に張りがないというか、毛がへたってきている。筋肉量も随分減っているように感じた。もう老い、ということなのだろうか、などと考え始めてしまい、少し悲しくなった。とりあえず、たくさん撫でて遊んでやった。
午後あたりから四谷に向かい、マック、精神科とこなした。精神科は今回は適当にこなした。この一か月で特に気分に浮き沈みがない場合は、毎回こんな感じ。良好に普通に過ごしましたよ、薬はそのままで、といった感じだ。診察時間は1分もない。その後は新宿に移動し、いつものブックカフェでぼんやりと人を眺めながら物思いにふけっていた。この時間が割と好きだったりする。この感覚を共有する存在と出会えればとも思うし、独占しておきたいという気分もある。その後は神を切り、なんだか微妙な髪形になったなあと思いながら帰宅した。

嫌な夢を二点観ました。
マッチングアプリで知り合った女子と会うものの、地雷臭がしたので逃げたところ、偶然地元で遭遇。不良を連れており、なぜか居酒屋に連れ込まれボコボコにされる夢。
・↑の続きだが、そのまま家に帰宅するとなぜか父親がいて、自分の部屋の掃除をしていた。掃除をしないでほしいと訴えても父は聞く耳を持たず、ただ掃除を続けていた。

この日はほぼ一日アイスボーンをプレイしていただろうか。窓から差し込む日差しがとても気持ちいい一日だった。最近は雨が続いていたから、余計に。カーテンがなびきながら日差しを感じていると、夏だなあと感じる。空冷をかけていたから、余計にそう感じたのかもしれない。自分にとっての夏の象徴というのは、こういうことなのかもしれない。インドア派なので。
午前、Around40というドラマを見ていた。ほぼほぼ天海由紀さん目当てだが。やっぱり「強い」女性というものに惹かれてしまう。恋愛的な意味ではなく、理想とする偶像というか、尊敬すべき対象といった立ち位置で。なぜだろうか。答えは自明だが。
午後はこれまた友人とゲームをやっていた。適当に食事をしつつ、適当に過ごした一日だった。東京での土日は忙しないが、長野での土日はただただ時間がゆっくりとしている。やることがない、ただこれだけの理由によるものだが。