10/18

母の誕生日だったから、一応おめでとうのラインを送っておいた。東京に帰るため、一旦長野を経由して北陸新幹線から東京方面へ向かう感じの道とした。北陸新幹線、上野も通るのか。知らんかった、ルートを間違えてしまった。この時間の北陸新幹線はまあ自由席でも余裕で座れるな。ディスポ主義としては自由席はありがたい。

10/17

通勤は徒歩だが、最寄りの工場からの排気ガスにより、嫌な気分となった。また、会社まで集団通勤している人がいるが、仲が良いものだな、と思う。10数人で固まって出社する姿は異様っちゃ異様だ。最近は対人能力がどんどん落ちてきている気がする。会社にいると、常に気を張っているし、タバコ臭いし、疲れた。明日は東京に戻る予定なので、週間の方のblogを更新しておく。

追記:エビリファイの効果が得られなくなってきたような気がしなくもない。わけもなく、気分が落ちることがちょいちょい増えてきたような?

10/16

長野の朝は実にさわやかでいい。5時程度に起きた際は真っ暗で寒いものの、7時前程度になると日差しの暖かさとシンとした空気が心地よい。職場に、精神科に通っていること、薬物療法を行っていること、などを伝達した。とりあえず上長のみに伝えたが、上長は気のせいか泣いている気がした。俺まで泣きたくなった。仕事終わりはハラが減っていたので、例の喫茶店っぽいところで生姜焼き定食を食べた。そして、かえって早々風呂に入った。このリズムはなかなかいい。仕事後の自由時間がなかなかに多いからだ。

10/14

朝起きて、長野に帰る身支度をする。10時にクリーニングにスーツを受け取りに行き、出発。あずさが終日運休であったから、別ルートでの帰宅を敢行。これが大分きつかった。新幹線を利用し、長野から寮までの移動を試みたのだが…まあ~電車が運休で移動手段がない。高速バスを利用し、寮の近くまで行き、あとは徒歩という手段をとった。高速バスでは、人気のない道に下ろされ、スマホのナビを頼りに寮へと向かった。このときは本当にスマホに感謝した。GPSに感謝。暗がりで危険だったが、スマホのライトを足元に灯しつつ、歩いた。今は、一段落したので、この記事を書いている。しかし、寮に帰ってくるまでにおよそ10時間を要した。とにかく、疲れた。

10/13

朝、起きたあと、雑に朝食をとる。枕が雑魚なので、何度も中途覚醒をしては浅い睡眠をとる、といった具合で、なんともボーッとしていた。出張時、スーツ移動だったので、スーツ一式をクリーニングに出した。クリーニングはやや高くつくが、その分自由な時間を購入している、と考える。Time is moneyという言葉があるが、時間はお金より貴重だろう、と考えている。上野に移動し、みどりの窓口にて長野行きの特急券の手配を行った。新幹線の運休などの影響で、窓口は大分ゴタゴタとしており、大変そうだな、と思った。その後は、マッチングアプリにて知り合った女子と五時間ほど雑談をしていた。ガンガン話すタイプの人間だったので、こちらとしては気楽であった。六時過ぎに別れ、新宿へ向かった。紀伊国屋、ハンズなどを適当に回り、wald9で映画を見た。『空の青さを知る人よ』だ。微妙だった。感情移入しにくい主人公がどたばたとする映画、これ以上でもこれ以下でもなく。とってつけたような恋愛要素やくすぶった大人の吐露なんかは、内面描写がおざなりすぎて、白けた。岡田磨里にしては…クオリティの低い作品だった。久々にお金もったいないなと思った。しかし、ネットをみると評価が思いの外高い。うーん。今は、帰りの電車にてこの記事を書いている。、

中央本線の運休により、明日勤務先帰れねえ~とか思っていたが、別ルートでの帰宅が可能であることがマネジメント側から知らされた。一安心か。しかし、停電が生じたらしく、PCの電源をいれっぱなしにして帰ってきてしまったので、マザーボードが不安だ。逝ってなければいいが。

10/12

前日はビジホに宿泊し、台風が来る前に早々に実家に帰宅した。母がやたらと気を回してきて滅入った。無能者の烙印を押してくるの、やめてくれ。怒りを感じながら、自室でのんびりと台風をやり過ごしていた。研究室の動機から電話がかかってきたりがあった。小一時間ほど、社会人の愚痴を聞いていた。割と、どうでも良い内容だったので、本を読みながら流していた。月末に焼き肉に行く予定が創造された。

f:id:walkingtkmr:20191012072131j:image

自室には、台風での吹っ飛びを回避するため、ベランダの植物が僕の部屋の空きスペースにおかれていたのだが、これの処理が最悪だった。ベランダからそのままに移したためか、植物周りにいた虫が、部屋に散乱していた。こんなとこで寝るのもなんかな…と思い、徹底的に掃除を始め、虫を除去した。最終的に、強迫観念に駈られたように虫を殺す僕の姿を見た母が、植物類をベランダほかへと移動させた。僕の部屋をそのままにしておくとは言っていたが、これはちょっとあんまりだろう、と思った。

掃除後はすっきりとしたので、本を読んでいる。