10/1

朝は六時程度に起きた。始業時間が変わっていたので、慌ただしい朝になるかなと思っていたが、そうでもなく、ゆっくりと出社した。出社時には、会社までの道が分からなかったので、同期に連絡をし、適当な雑談を行った。相手に興味を持つというのは、どういうことなんだろう、と考えていた。

帰路は、職場の先輩方と社員寮まで歩いた。一人で帰りたかったのだが。あのロッカーの狭さを考えると、いつも一緒に帰ることになりそうなならなそうな。そんなに、群れたくない。帰宅後は、ライザのアトリエをプレイしつつ洗濯、Pythonの勉強、テラスハウスの視聴、などを行った。まあ、いい感じではなかろうか。今は、先日発見したフリーWi-Fiのある喫茶店で食事をし、記事を書いている。食費がバカになってないが、これが生きることの重みということだろう。別に、我慢するために生きているのではないのだから。


f:id:walkingtkmr:20191001205439j:image